HATOGI屋(ハトギヤ)

セラミック包丁の研ぎと反省

LINEで送る
Pocket

  

今回は、セラミック包丁の研ぎを載せたいと思います。

 

まずは、こちらをご覧ください。↓

京セラの“標準クラス”のセラミック包丁

 ​

大きな欠けがありますね。

​1㎝程もあるので、一般家庭の方でこれを直すのは、余程の技術、道具、知識がないと1日で直せないレベルだと思います。

 

逆を言えば、技術と知識と道具があれば比較的にスムーズに直せます。

​研ぎ終わりがこちら。刃先側を大幅に削った為、刃先が少し分厚くなってしまいますが、金属系の包丁と違い、”肉抜き”(包丁全体を削って薄くする作業)が出来ない(やらない方が良い)ので切り抜けが悪くなりますが、その辺はご理解をお願いしたいです(._.)

 

肉抜きをやらない方が良い理由は、セラミック包丁が薄くなれば、その分欠けやすくなるからです。それと、セラミック包丁を肉抜きするととんでもなく時間がかかります。それはもうメーカーにお願いしたほうがいいかもしれません。メーカーもやってくれるかわかりませんが(*´з`)

 

続いてこちらの黒いセラミック包丁! これがとても大変だった、、、(*´Д`)

​欠けは、写真だとわからないレベルの小さい欠けがたくさんありました。

 

ただ、いつものセラミック包丁なら1時間以内に終わるのですが、これは2~3時間以上はかかりましたね~

 

なにせ今まで研いだセラミック包丁の中でも一番硬かったです!!

 

全然減らない…研いでも研いでも欠けが無くならない…(*´Д`)

 

やっと欠けが無くなって、刃先を細かく研ぎあげて、さぁ完成だ!試し切りだ!!と意気込んでフルーツを切ってみたら、、、

 

フルーツが全然切れない、、、(‘Д’)(‘Д’)(‘Д’)

 

紙はスパスパ切れるのに、、、なんで????

 

ということでダイヤモンド砥石の荒砥からやり直し<`ヘ´>

 

調べてみたらこのセラミック包丁、京セラのグレードの高いセラミック包丁かもしれません、京セラの高いグレードのセラミック包丁は、強度、硬さが向上しているそうで、それがいつもより研ぎにくい原因だったと予測しております。

でもね、、、

京セラって書いてないんだよね~~~(-_-;)

 

デザインは京セラの高いグレードのセラミック包丁にそっくりなんだけどなぁ、、、

 

OEMで他メーカーが、京セラに作ってもらったのかな?

 

まぁ、すったもんだあって、ようやく研ぎ終わりです。

​今回は、

ダイヤモンド砥石(電着タイプ#150と#600)で粗削り

研ぎ機(水冷式)#400で面を整え

ダイヤモンド砥石(レジノイド系の#1000と#6000)で仕上げ

 

で、なんとか切れ味が戻りました。

 

ただこの包丁のお客様には、指定のお時間にお渡しできなくて、申し訳ないことになってしまいました。

 

本当に申し訳ございません。二度とこのようなことがないよう努めます。

 

そして、自分の実力不足が招いた結果なので、これを猛省して、今後に活かします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINEで送る
Pocket

刃物研ぎのプロが刃物のお悩み解決します!ご自宅用も業務用もお任せください。

ご依頼・ご相談はこちら ご依頼・ご相談はこちら arrow_right
PAGE TOP