HATOGI屋(ハトギヤ)

峰が変形した出刃包丁の研ぎ直し

LINEで送る
Pocket

 

今回は出刃包丁と菜切り包丁の研ぎ直しです。

 

早速、写真を見てもらいましょう!!

​出刃がかなり傷んでいます。

 

欠けも沢山あり、峰が凹んで変形してしまっています

 

出刃だけの写真です。

​おそらく、峰で何かを叩いたんでしょうね~。

 

和包丁の峰側(特に表側)には、軟鉄が使われているので、簡単に鉄が変形します。軟鉄は文字通り【軟らかい鉄】なので、叩くと変形しやすい硬度なのです。

 

たまに、このような状態の包丁を研ぐことがあります。

​別の角度から見ると、こんなに軟鉄が横にはみ出しています。

 

この部分を触ってみましたが、意外と鋭くて危険です( ゚Д゚)

 

ここに勢いよく手が当たれば切れてしまうくらいに、、、(;^_^A

 

ということで、通常の研ぎ直しプラス、峰の削りです!!

 

研ぎ上がりがこんな感じに(^^)/

​腹(平)の部分の孔食(錆による腐食)は全部は取り切れなかったですが、峰の変形は完全に直せました!!

 

​欠けも綺麗に取り除くことが出来、切れ味もしっかり出せました(*´з`)

 

柄も結構傷んでいましたが、今回は柄の交換や口金(ツバ)の修正は、今回は行っておりません。

 

刃の部分のみの研ぎ直しと修正です。

​菜切り包丁も綺麗に研ぎ上がって研ぎ直し完了です!!

 

ちなみに菜切り包丁の研ぎ直しに関してですが、一つお伝えしておくと、

菜切り包丁はあまり”肉抜き”(包丁の【腹】部分から【刃先】までを削って薄くする工程。これにより包丁が食材に切れ込みやすくなったり、切り抜けやすくなる。)を行いません。なぜなら、野菜を切る専用の包丁なので、元々刃が薄くできているものが多く、それ以上薄くしてしまうと、刃の耐久性が落ちて簡単に折れてしまったり、刃が曲がってしまったりするので、刃先の研ぎ角度の調整だけで、研ぎ進めます。

 

少し分厚い菜切り包丁もあるので、その時は”肉抜き”する場合もあります。

 

皆様も包丁の薄くし過ぎはお気を付けください(”ω”)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

LINEで送る
Pocket

刃物研ぎのプロが刃物のお悩み解決します!ご自宅用も業務用もお任せください。

ご依頼・ご相談はこちら ご依頼・ご相談はこちら arrow_right
PAGE TOP